高度なカラーマネジメント技術を認証

全国で39社のみ 高度なカラーマネジメント技術の認証を取得

高度なカラーマネジメント技術を駆使して、印刷物の色を、基準値の許容幅に入れることができる能力の認証を取得

エイト印刷は、全国で39社46工場しか認定されていないマッチング認証を取得しています。
マッチング認証とは、ジャパンカラー標準印刷認証を取得していることを前提に、高度なカラーマネジメント技術を駆使して、印刷物の色を、基準値の許容幅に入れることができる能力があることを認証するものです。

Japan Color認証制度とは

Japan Color認証制度は、ISO国際標準に準拠し、日本のオフセット枚葉印刷における印刷色の標準である「枚葉印刷用ジャパンカラー」(以下、Japan Colorという)に基づいて認証を行うものです。印刷については、標準認証とマッチング認証があり、標準認証と比べてかなり高い基準をクリアした会社にマッチング認証が与えられる。

従来、明確な基準がない中で印刷物は作成されてきました。印刷物作成に関しての標準的な基準がなく、認定する公の機関がないことが大きな要因で、発注者が標準的な基準値で指定した色を、印刷会社で適切に再現できることを一般化したJapan Color認証制度が創設されました。

Japan Color認証制度は、平成21年10月にスタートした「標準印刷認証」と、平成23年9月開始の「マッチング認証」、「プルーフ運用認証」、「プルーフ機器認証」、平成29年5月開始の「デジタル印刷認証」からなります。この制度は、平成20年12月より検討を開始し、認証制度事業については(一社)日本印刷産業機械工業会(JPMA)が実施し、教育普及・調査研究に関しては(一社)日本印刷学会の協力を得ています。