1. HOME
  2. サービス案内
  3. 目的別サービス一覧
  4. 食品のカタログ・パンフを色ブレしづらい技術で印刷

目的別サービス一覧

目的別サービス一覧

食品のカタログ・パンフを色ブレしづらい技術で印刷

食品のカタログ・パンフでは、全体のイメージはもちろんですが、そもそもおいしく見えないと問題となります。当然印刷工程で色ブレをおこすと、商品の販売に影響します。当社は、日本で唯一の色調の再現性を担保できる印刷技術でデータ通りの色を再現します。

食品のカタログ・パンフを作成する際におきる問題

1.作り込んだ印刷データ通りに印刷できない

2.食材感がちゃんと表現できない

3.印刷データ補正がきれいにできない

4.色校正と納品物の色が変わる

5.用紙によって、見た目が変わる

上記のお困りがあれば、当社へ相談下さい。

当社のソリューション

特徴①色調の再現性の豊富な実績

年間5,000件以上の制作物を作成。色の厳しい案件が多く、その経験で得たノウハウを活用し、色の再現性を実現しています。

特徴②印刷データをデータ通りに印刷する技術

日本で唯一の色調の再現性に優れた印刷技術を使って印刷します。その都度インキの出し入れで色調を合わすのではなく、データをデータ通りに印刷しますので、初校と再校、校正と納品物、初回納品物と増刷納品物での色ブレが低減できます。

詳しくは色のトラブルを減らす「色調」管理ソリューションを参照

特徴③データ通りの印刷である証明書を発行

データをデータ通り印刷できている証明書を発行します。

特徴④熟練した印刷データ補正技術

色の厳しい案件を長年扱っている経験で、データ補正の確かな技術があります。

特徴⑤最適な用紙・加工のご提案

用紙の風合いにより、商品の見え方が大きく変わります。製品特性を踏まえて最適な用紙提案を行います。また、カタログ自体の加工や表面加工ついてもご提案いたします。

詳しくは、「解決」と「安心」のために大事にしている5つのことを参照

上記の強みを生かしつつ、価格に関してはお手頃価格を維持し、高品質な製品をお届けします。

お問合せはこちら